海と山のアート回廊海と山のアート回廊

イベントEVENT/TOURE

折元立身のパフォーマンス「パン人間」

Bread Man in a Morning Cafe at Kathmandu 1994 Nepal
©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

パンは西洋文化の象徴であり、神である。
なぜなら、西洋画の「最後の晩餐」で描かれるように、キリストは「パンは肉なり、ワインは血なり」と言い、パンをちぎって弟子に与え、「これはわたしとの身体である」と伝えた。
私はパンに西洋文化を感じ、パンを顔につけて、からだの一部をつくるというヒントを得た。
時にヨーロッパではパフォーマンスをやると、「お米でやらないのか?」と問われる。私は日本人で、お米は日本では神だからやらない。
“パン人間”は日本人だからこそ出来るパフォーマンスなのだ。
(折元立身)

実施日=9月23日(土)
時間=13:00に尾道駅前をスタート、15:00頃終了。
場所=尾道駅前を出発し、船で向島へ、その後商店街を歩き回る

(左)Bread Man Son + Alzheimer Mama 1996 Tokyo ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation(右上)Bread Men in Denmark 2016 ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation (右下)BreadMen in Yame 2004 ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

(上)Bread Man Son + Alzheimer Mama 1996 Tokyo ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation(中)Bread Men in Denmark 2016 ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation (下)BreadMen in Yame 2004 ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

折元立身と一緒にパン人間になり、パフォーマンスを体験してみませんか?
参加ご希望の方はE-mailまたはお電話にてお申し込みください。
info@arthiroshima.jp、090-7506-0011 担当:大橋

折元立身のイベント
「50人の島のおばあさんたちのランチ」

Tatsumi Orimoto 50 Danish Grandmothers Lunch 2016 Danmark
©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

私の母が今年亡くなるまでの21年間、母の介護をしてきた。
毎日、朝・昼・晩、私は一人で食事を作る。
家族みんなで食事をとる事がとても大切で、何よりもの愛の印だと分かる。
ヨーロッパ(ハンガリー、ポーランドなど)に招待された時、私は仕事を9:00〜17:00できっちり終え、夕食を作った。料理はとても得意だ。
そうすると、どんどん若いアーティストが寄ってきて、私の作った料理を食べていく。「立身のところに行くと、夕食が食べれる!」といって、人が増えていく。
その食事の時間が、ヨーロッパの若い人たちとのコミュニケーションだった。
『これはアートだ!みんなでテーブルを囲んで食べる事がアートだ!』と思った。
川崎美術館で、私の住む町内のおばあちゃん達30人を集めて、ランチに招待した。そこから世界中のおばあさん達を呼んで食事する事自体がアートだと実感した。
今まで、川崎、ブラジル、ポルトガル、リバプール、デンマークで実施してきたおばあちゃんのランチ。今年は新たにイギリスのフォークストーン、そして尾道の生口島で行う。「心のコミュニーション・アート」だ。
(折元立身)

実施日:10月7日(土)
時 間:12:00からランチスタート
場 所:尾道市生口島、瀬戸田港前芝生広場

(左)Orimoto 500 Grandmothers Lunch 2014 Evora, Portugal ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation(右)Tatsumi Orimoto 50 Danish Grandmothers Lunch 2016 Danmark ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

(上)Orimoto 500 Grandmothers Lunch 2014 Evora, Portugal ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation(下)Tatsumi Orimoto 50 Danish Grandmothers Lunch 2016 Danmark ©︎TATSUMI ORIMOTO, Art Mama Foundation

アートクルーズ

概要:海と山のアート回廊クルーズ
海と山のアート回廊にちなんだ、全6コースのクルーズの旅。
全行程ガイド付きでお届けします。
おのたび(尾道観光協会)にてツアー内容をご覧ください。
https://www.ononavi.jp/fan/onotabi/

アート・クルーズ
拡大する


トークイベント


vol.1
ゲスト:児島やよい(キュレーター)
日 時:2017年10月15日(日曜日)14:00〜
会 場:尾道市立美術館
参加費:無料・予約不要
概 要:尾道市立美術館にて開催中の「現代アート、はじめます」展の監修キュレーターである
児島やよいさんをお迎えし、展示中の作品について詳しくお話していただきます。

vol.2
「あのパン人間!折元立身が自分のアートを話す」
日 時:2017年11月12日(日曜日)14:00〜15:30
場 所:鞆の津ミュージアム
参加費:無料・予約不要
概 要:「パン人間」「島のおばあさんのランチ」を尾道で実施し、鞆の津ミュージアムにてパフォーマンスの
ビデオ・アート展を開催している折元による作品解説とレクチャーです。

vol.3
「尾道と現代アート ー十字路と海と山のアート回廊をめぐってー」
日 時:2017年11月12日(日曜日) 18:30開場
会 場:尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1丁目8-5)
参加費:無料・予約不要
コーディネーター 小野環(現代アートの創造発信事業実行委員長)
話し手 中尾浩治(海と山のアート回廊プロデューサー)、山本基(参加アーティスト)、柳幸典(参加アーティスト)


ワークショップ

「山本基 海に還るプロジェクト」
日時:2017年11月12日(日曜日)16:00〜17:00
会 場:尾道市百島内 五右衛門風呂の家
参加費:無料・予約不要
概 要:作品を描くために使用した塩を皆さんと共に海に還すものです。山本氏と一緒に作品を壊し、
集めた塩を百島の海に撒きます。巡りめぐる生命の繋がりを祝福するイベントです。